ウーマン

大災害は避けられる|地震予報で命を守ろう

防災のための情報

地震

短期の大規模な地震を予測する方法として、電離層の撹乱による電波異常と、電子数の異常をモニタリングするものがあります。他にも地下の微細破壊で生じる極超低周波を磁力計で測定するものがあり、それらの情報はネット上のサービスとして受けることができます。

複雑なメカニズム

地震

関東地震は種々のメカニズムにより発生するため、その予測は非常に難しい。しかし、日本の首都機能が集中する地域であり、地震が発生した際の影響が全国的に及ぶため、予測の精度向上による効果的な防災対策を施し、被害の軽減に努めたい。

いち早く危険を察知!地震予報で最悪の事態を回避

防災グッズの見直しを

メンズ

防災グッズの定期的な確認をしていますか。定期的に確認しようと思っていても、忘れてしまいがちな人は地震予測情報をチェックするのがお勧めです。もうすぐ地震が起きると分かれば、防災グッズの確認をするきっかけになります。実際に地震が起きなくても、定期確認の機会を設けられるという点で有用です。

備えあれば憂いなし

一軒家

活用方法を考える

日本は言わずと知れた地震大国です。未だに東日本大震災の余震も続いている状況ですし、今までは自信が起こったことが無いような土地でも大きな地震が発生したりしています。ですから、日本に住んでいる以上は、常に地震に備える事が大切です。一口に備えと言っても、色々な備えがあると思います。大きな地震が発生した時用に備蓄品を保管しておくのも備えですし、地震の予報を常に受信できる状態にしておくのも備えの一つです。一般的に地震予報は難しく、現在の科学力では何時・何処で発生するかを的確に予報するのは難しいと言われています。しかしながら、ここ最近は大きな地震が発生する数秒から数十秒前に予報を出すような仕組みが運用されています。この予報はかなりの精度があり、テレビでの速報は勿論のことながら、携帯電話やスマートフォンにも地震予報アプリとして入れられる事が出来ますので、是非インストールすることをオススメします。たかが数十秒と思ってしまいますが、これから来ると分かってからの数十秒は非常に大きいです。火元を消したり、机の下に隠れたり、近くに用意されていれば防災用ヘルメットを被ったりと、たかが数十秒ですが色々と備えをすることが可能です。備蓄品を備えるのは昔から行われている備えですが、最近は予報を活用した備えも出来るようになって来ています。大きな地震が起きた時に少しでも被害を小さくするためにも、予報を最大限に活用し、いざという時にどのような行動を取るべきかのシミュレーションを予め行っておくことが大切です。